元気組 スイカ割り

夏の風物詩、スイカ割りを行いました。

今年は、スイカの国からスイカ大王とスイカマダムがやってきて、みんなにスイカをプレゼントしました。

「暑い夏をがんばっているみんなに、プレゼントだよ!」

「さぁ、切って中身を見てみよう」

子ども達は、「知ってるよ!赤だよ赤!!!」と声をあげていました。

実際に切ってみると・・・

なんと、中身は「黄色!」びっくりした表情の子ども達・・・実は大人たちもびっくりしました。

次に、「スイカの名産地」を歌いながら踊りました。

「友達ができた~♪スイカの名産地~」「きれいなあの娘の晴れ姿~♪スイカの名産地~」

そして、最後に「スイカ割り」のお手本を。

「前、前、前・・・ちょっと左かな?・・・そこそこ、ストップ!」

「やぁ!!!」

残念!当たりませんでした。

スイカ大王から

「みんな、教室に戻ってスイカ割りを楽しんでくれたまえ。

誰が割ったのかあとで教えてくれよ!」

と話を聞き、それぞれのクラスでスイカ割りをしました。

ひよこ組 「あぁ~おしい!」     「当たった?当たってない?」

さくら組 「振りかぶって…」さぁ、この後、当たったのでしょうか!?

もみじ組 「そっちじゃないよ~」   「そう、そこそこ!」スイカマダムも前のめり!

スイカ割りは全員で楽しみました。友達に「前、前、ストップ」と声をかけたり、目隠しをしてそろそろと歩いたり、思い切り床をたたいて悔しがったり、スイカに当たって喜んだりと大盛り上がりでした。

水着に着替えて、美味しくいただきました。